こころがほっとするカフェ 「Cafe Seasons」

「Cafe Seasons(カフェシーズンズ)」店主の太田直哉さん

今回取材したお店は、小浜市まちの駅の中にある「Cafe Seasons(カフェシーズンズ)」。
小麦、乳製品、卵、白砂糖不使用のスイーツや食事を食べることができるお店だ。店名の由来は、2つあるそうで、1つは、店主の太田直哉さんがイギリス留学中に、初めて食べたベジタリアンのお店が「シーズンズ」という名前だったから。そして、もう1つは、都市部だと四季を感じることが少ないが、小浜は自然が多く、四季の移ろいを感じることが多いため、この店名に決めたそうだ。
「Cafe Seasons」のおいしい料理を求めて、地元の方をはじめ、京都や大阪などの都市部からもお客さんが訪れる。

お店の一番のおすすめを聞いてみると、「プレーンワッフル」とのこと。10種類以上の食材をブレンドし、小麦、乳製品、卵、白砂糖不使用でもおいしいワッフルになっている。また、季節によって、苺やイチジクなど、旬のフルーツを使用したワッフルサンドもあり、これもおすすめだそうだ。

今回、お店の一番のおすすめの「プレーンワッフル」をいただいた。外は、サクサク。中は、ふわふわしっとり。ワッフルにナイフを入れた瞬間、「サクッ、サクッ」という音が聞こえるのが印象的だった。

太田さんに、お店で大切にしていることを聞いてみると。
「肉や魚、バターなどの乳製品を使わないと、淡白な味になってしまいがちです。しかし、普段から肉や魚、バターなどの乳製品を食べている人と一緒に食事をしても、おいしいと思ってもらえるような料理を作ることを大切にしています。」と答えてくださった。

太田さんは、コロナ禍になり大変なこともあったが、新しい発想が生まれるきっかけにもなったと話し、今後は、もっと広くお客さんに楽しんでもらえるよう通信販売も考えていると話す。
最後に、今後どんなお店にしていきたいか聞いてみると、「お客様にくつろいでもらえるような空間をつくること」と笑顔で話してくださった。

おいしい料理を食べることができることはもちろん、お店の雰囲気があたたかく、「Cafe Seasons(カフェシーズンズ)」では、こころがほっとするような時間を過ごすことができます。皆さんも、こころがほっとする「Cafe Seasons(カフェシーズンズ)」に、ぜひお越しください!

福井県立大学 谷口絵梨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
福井県立大学
福井県立大学 海洋生物資源学部 学生チーム 小浜市内の丘の上にある福井県立大学海洋生物資源学部の学生が、小浜のことをもっと知るためにキャンパスを飛び出しました。縁あって全国各地から小浜に集まり、巣まう私たちには、まだ知らない小浜の魅力がたくさんあるはず。“大学生から見た小浜の魅力“を発信します。