若狭小浜小鯛ささ漬けHISTORYプロジェクト

奈良時代には、御食国(みけつくに)として都へ海の幸を届け、現代まで京都の食文化を支え続けてきた若狭小浜。
京都の人々の求めに応じ、長い年月のなかで継承発展させてきた海産物の加工技術。現在、その到達点にあるのが「若狭小浜小鯛ささ漬」です。このプロジェクトでは、立命館大学食マネジメント学部の学生たちとささ漬誕生の謎に迫るとともに、御食国の継承へ向けた未来へとつなげる方策を発掘します。

2022/03/05 UP!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: アートボード-23-1024x776.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
NEST INN OBAMA編集部
小浜の日常にあふれる“実はすごい!”を見つめ直した、多様な目線の小浜をみなさんにお届けします!